違法として取り締まっている国もいくつかある

違法として取り締まっている国もいくつかある

韓国やラスベガスやマカオのカジノ(ランドカジノ)とそういった意味では、何も変わる事はありません。今まで広くオンラインポーカーとかオンラインカジノがアメリカでは、楽しまれてきました。

プレイヤーがプレイすること自体を禁止する法律ではありませんが、禁止するものだと事実上受け止められています。合法としている国もありますが、取り締っている国も違法としていくつかあります。

賭ける側の国の法律にオンラインカジノで遊ぶことが法律に触れるかどんなふうにかはよります。これにより、アメリカから上場企業を中心に撤退する動きが相次ぎました。

その存在と経営自体は各国政府の規制の範囲内で経営をされてるので、当然合法です。また、プレイ自体を明確に州法で禁止しているところも州によってはあります。

ですが、インターネットギャンブルサイトとの取り引きを禁止をするいわゆるインターネットギャンブル禁止法案が2006年10月に成立しました。オンラインカジノやオンラインポーカーなどのネットギャンブルに関して殆どの国では、明確な法律は存在しません。

英領ジブラルタル、英領マン島、カナダのモホーク、アンティグアやドミニカなど等といったカリブ海諸国、そしてオーストラリア北方領等の各政府が発行をしている運営免許(ライセンス)をうけて、オンラインカジノそのものは、運営されてます。32レッドカジノみたいに、このごろではロンドン証券取引所に上場しているようなオンラインカジノも出てきて、その結果社会的信用も得ています。

違法なものではありません。政府の許可をとってキチッと運営されていて、情報をさらに市場に開示をしてるからこそ、上場企業とこうしてなることができるということでしょう。